眼科でコンタクトレンズを購入するメリット・デメリット

Professional device. Newly appointed eye doctor furnishing his office and buying all necessary tools

多くのコンタクトレンズショップには眼科があり、検査から実際にコンタクトレンズの購入が1つの動線で済むようになっています。1カ所で1度ですべてを終わらせることができるのは手間も省けて忙しい方には助かります。また、ショップ側の検査結果と医師が見た結果がずれていると、もう一度検査できます。また、医師が出した結果のレンズを試しにつけたときに合わないと感じれば、またすぐに医師に診断してもらって調節してもらえます。このように医師とショップとの連携がすぐにできる点は、ちょっとの不具合も気軽に調整してもらえるのがメリットです。

逆にデメリットといえば眼内コンタクトレンズだと、ショップが特におすすめしているレンズメーカーに偏りがちな処方になる可能性もあります。もちろん、無理に合わないものは処方できませんので、無理やりや危険があるようなものは勧めません。しかし、どちらでもいいようなときにはショップが売りたい方のレンズを処方されることもあります。自分の希望のレンズを伝えておけば、無理強いはしないので大きなデメリットにはならないですが、自分から話すなどの工夫も必要です。利便性の方が大きいですから、うまく利用して自分にマッチしたレンズをしっかりと合わせてもらうようにしましょう。